« 大雨 雷 強風 流れる雲 | トップページ | マンション12階から桐生市街を眺める »

2007年1月 1日 (月)

身の回りの小さきものたち

Nanten 年が改まったからといって、特段、何が変わるというものでもない。
 いやしかし。
 徐々に、確実に何かが変わっていくのだろう。

 と、できの悪い文学青年の日記みたいなことを書きだしてしまったが。

 日記というほどのものは書いていないんだけどね。
 モノ忘れもするんで、自分の行動の記録みたいなノートは書いてる。
 いつどこへ誰と出かけたとか。
 誰に会ったとか。
 何を食ったとか。
 何をいくらで買ったとか。

 書き始めは、特に動機というようなものはなかったような気がする。

 やっぱりトシのせいで、モノ忘れをするようになって、自分でもいくらか不安になったんだろうね。

 2003年の4月からだから、もう4年近く。
 こういうこともノートを書いてるから、すぐ分かるんだね。
 1ページに1週間分。
 それがもう4冊目。
 毎日は書けないので、2週間分たまったりすると、もう何を食ったか何を買ったか思い出せなくなったり。
 そういうときに頼りになるのが、財布に残っているレシートだったり、ケータイのメールの記録だったりするのよ。

 で。
 2年前の年越しは。
 完全失業状態だった。

 2004年の大晦日は、昼から雪が降ってね。雪かきした。
 2005年の元日は、朝から娘の美容院の送り迎え。

 娘が成人式を迎える年だったんだが。
 元日って、群馬県内100キロを走るニューイヤー駅伝をやるでしょう。
 桐生市役所前の中継所に、新成人の代表が呼ばれるんだ。
 それでウチの娘も、和装の晴れ着姿で行ったんだ。

 TBSテレビの生放送に、お天気キャスターの森田さんと一緒に映ったり。
 大沢市長と一緒に映ったり。

 そういえば今年は選挙の年ですねえ。

 ワタシはそのころ。
 クイズミリオネアの二次選考を突破していて、1月15日がフジテレビでの最終選考だった。
 攻略本も読んで、市立図書館に3日間こもって集中勉強。
 それで行きましたよ。フジテレビ第2ビルのある天王洲アイル。

 筆記試験はかなり、そう8、9割できた、と思う。
 だが、ディレクター面接で「1千万円取ったら、何に使いますか?」と聞かれて、ロクな返答ができなかった(ディレクターはサンダル履きだった)。
 ウソはだめだしね。

 結局ね。番組的には、絵になる1千万円の使い道がないと、ね。
 それで、お台場までは行けなかった。

 1年前の年越しは。
 やっぱり完全失業状態だった。

 2、3度、再就職しかかったが続かなくて。
 2005年の暮れは、倉庫作業のバイトをしてた。
 大晦日はユニクロへ行ったが、何も買わないで帰ってきた。
 2006年の元日は、レンタルビデオで東宝映画「空の大怪獣ラドン」を観た。
 テレビの深夜アニメ「北斗の拳」を観た。
 Gackt(ガクト)が声優やってた。
 けっこうおもしろかった。

Semi こういう、くだらない、こまごましたことが分かるわけですよ。
 行動の記録のノートを書いてると。

 で。
 自分ではこのノートのことを「行動の記録」とか呼んでたんだけど。
 最近、うまい言葉に気づいた。
 こういうのを「備忘録」っていうんだよね。
 そうだ。そうだ。
 これは備忘録だったんだ。

 備忘録という言葉が、どこにあったかというと。

 2006年の日本映画の収穫、とも評される「明日の記憶」

 若年性アルツハイマー病に冒された主人公が、徐々に記憶を失っていく不安に駆られて書き始めたノート。
 それが備忘録だったのです。

 今回の写真は、ナンテンの赤い実と、年を越した蝉の抜け殻。

 ナンテンは、「難を転ずる」に通じることから縁起のいいものだそうですね。

 蝉の抜け殻は空蝉(うつせみ)ともいうそうで。
 空蝉って、源氏物語とか、そう、一青窈の歌にもあったよね。
 無常観というか、なんとなく文学的?

 いま生きている自分が確かに見た、身の回りの小さきものたちの記録。

 なかなか「007」の話に行けないな。

|

« 大雨 雷 強風 流れる雲 | トップページ | マンション12階から桐生市街を眺める »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

If you're in not good state and have got no cash to move out from that, you would have to take the personal loans. Just because that would aid you emphatically. I get consolidation loans every single year and feel myself great because of that.

投稿: GENAGolden31 | 2012年3月 5日 (月) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84395/4760850

この記事へのトラックバック一覧です: 身の回りの小さきものたち:

» 失業保険(雇用保険)事典 [失業保険(雇用保険)事典]
失業保険(雇用保険)の給付額の自動計算、基礎知識、もらい方、種類、秘策を紹介。失業保険体験記、ハローワーク一覧なども掲載しています。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 17時29分

« 大雨 雷 強風 流れる雲 | トップページ | マンション12階から桐生市街を眺める »