2008年6月 6日 (金)

桐生市議会も KYON2も

A080606

きのう6月5日は、桐生市議会6月定例会の初日であった。

午前中の本会議を傍聴。

国民健康保険事業の補正予算。
その専決処分報告をめぐる質疑・討論に終始した。

ようするに、
国保を維持するための台所が、
非常に厳しい。
たいへん苦しい。

午前中の本会議の主役は、
国の無責任をなんとかしろ―と訴え、国保税値上げの動きを牽制する共産党議員と、
答弁に立つ市民生活部長であった。

市役所の部長もたいへんだな。
あんな立場にはなりたくないものだ。
―と思うと同時に、
国民の生活を守るためのはずの社会保障制度が、
国民の生活を圧迫し破壊しかねない。
恐ろしいことだと思う。

国保税が高くて払えない人、いっぱいいるもんね。
他人ごとではない。
ホントに。

生活は苦しいが、
それはともかく。

最近は、パート勤務先の桐生市民活動推進センターのブログ、
「ゆい@blog」の記事を書くのに相当な精力を注ぎ込んでしまい、
こちらの個人ブログの更新がなかなかできない。

リンクをしておきますので、よろしかったら、
「ゆい@blog」
見てみてください。
「お気に入り」(ブックマーク)に入れておいてください。
けっこう面白く書けていると思うが。

面白い、といえば。
FM桐生の生番組でしゃべるのも、かなり面白いのだが。

特に面白く、かつ苦しいのが、
毎回の番組でかける音楽の選曲である。

FM放送で流すのに相応しい、いい曲でなければならないし、
だいいち、自分の好きな、ひとにも聴かせたい曲でなければ。

ついつい欲が出る。
だから苦しい。

2回続けて、小泉今日子の特集をやってしまった。

Totiaezu2

ご存じのように、
(ご存じではないか?)
日本テレビの「スター誕生!」で合格した
小泉今日子は1982年デビュー。

デビュー1曲目、2曲目はカヴァー曲であり、売り上げもパッとしなかったのだが。
5曲目の「まっ赤な女の子」(筒美京平!)あたりから注目され、
「艶姿ナミダ娘」
「渚のはいから人魚」
「迷宮のアンドローラ」
「ヤマトナデシコ七変化」
「The Stardust Memory」
「なんてったってアイドル」
「木枯しに抱かれて」

などヒットを飛ばし、

80年代を代表するアイドル、
アイドルの中のアイドル、

アイドル オブ ザ アイドルズ
になったのである。
(この際、ビッグネーム・松田聖子の問題は、棚に上げておく)

だが、しかし。

小泉今日子の最大のヒット曲は、
じつは、90年代になってから生まれたのであった。

Img014

シングルの売り上げベスト3は、
①「あなたに会えてよかった」91年
②「優しい雨」93年
③「May Sweet Home」94年

この3曲とも、コイズミ自身による作詞である。
そして、すでに「女優」コイズミになっていた。

このへんが、この人のすごいところである。

で。

FM桐生の中高年向け人気看板番組(?)
「柄澤・小林 おしゃべりサンデー」では、
1時間あたり5曲の音楽を用意しておくのである。

前回6月1日の生放送でも、
小泉今日子の90年代の曲を5曲用意したのであるが、
結局、3曲しかかけられなかった。

パーソナリティーのワタシが、
コイズミの歴史、
コイズミの偉大さについて熱弁を振るい、
しゃべり過ぎて時間が足らなくなってしまったのである。

観てきた映画「山のあなた 徳市の恋」についても、
間もなく公開される映画、
堤真一主演の
「クライマーズ・ハイ」
そして、
ご存じ、ハリソン・フォード主演
(ハリソン・フォード、65歳だぜ)
19年ぶり!のシリーズ第4作
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」
についても話をしようと思ったのに。

時間がない。

桐生高校同窓会の総会イベントも、もうすぐ。

焦る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 7日 (木)

渡良瀬橋まで自転車旅行主義

2_2 さて。
 足利富士浅間神社の初山ペタンコ祭を見物に行って。

 その数日後。
 またまた足利市へ出かけたのである。

 ペタンコ祭のことをwebで検索していて、たまたま。
 その足利の渡良瀬橋のそばに
 「渡良瀬橋」の歌碑ができた、という記事を見つけた。

 これは知らなかった。
 迂闊であった。
 ちゃんと新聞記事にもなっていたらしいのに。

 ご存じ、かの森高千里の1993年のヒット曲。
 足利のイメージを高めたということで、足利市から感謝状も贈られて話題になった。

 その「渡良瀬橋」の歌碑が、渡良瀬橋を眺める堤防道路わきに建設されたというのである。
 それもついこのあいだ。
 この2007年の大型連休中に完成したというのだ。

 歌碑には、もちろん歌詞を刻んだプレートがはめ込まれていて、さらに人が近づくとセンサーが感知して、頭上のスピーカーから森高千里の歌声が流れると。

 見たい。
 ぜひ一度、見てみたい。

 近いうちにもう一度、足利へ行かなければならぬ。

 しかし、つい数日前に足利へ行ったばかりである。
 いつものように、ただクルマを走らせて行ったのでは、あまりに芸がない。

 そうだ。
 今回は自転車で行ってみよう。天気も大丈夫そうだし。
 と思い立ったその日の午前中に、桐生―足利往復サイクリングを決行した。

 わが群馬県桐生市から栃木県足利市までは、渡良瀬川堤防サイクリングロードが続いている。

 そうたいした距離ではない。

 桐生の錦桜橋から足利の渡良瀬橋までは、片道14~15㌔であろう。
 往復したって30㌔程度だ。

Photo_89 で。
 途中で一カ所、葉鹿橋の所だったか鹿島橋の所だったか、管理用道路に迷い込んでしまい、正味1㌔ほどロスはしたが、まあ道迷いこそ旅の醍醐味である。

 おお。
 足利競馬場の跡地はすっかり更地になって。
 広いなあ。じつに広い。
 渡良瀬川左岸にこれだけ広大な空き地ができて。
 このあとは、いったいどうなるのであろう。

Photo_90 結局、1時間ほどで渡良瀬橋に着いた。

 歌碑、ありました。
 森高千里の歌はフルコーラスで流れます。

 誰かしら通るので、事実上、流れっぱなし。

 なるほどなあ。
 いい歌だと思う。

 しかし。

2_3 「渡良瀬橋」がリリースされてから、もう14年である。
 ワタシの持っている、同曲収録の森高千里ベストアルバム「DO THE BEST」だって1995年のものである。

 それが2007年のいま、なぜ歌碑建立なのであろうか。
 その事情は分からない。

 それはともかく。

 今回の自転車小旅行はなかなかの収穫であった。
 渡良瀬橋付近からでも桐生の吾妻山が見えるのが分かった。

 初めて見るものもいろいろあった。

Photo_91 例えば。
 足利工業大学裏の渡良瀬川堤防サイクリングロードは初めて走ってみたが。
 何百㍍にもわたって直線である。
 自転車最高速度に挑戦したくなるような直線である。

 それで。
 足工大の総合研究センターで、風力発電の研究をしているのは知っていた。
 表側の車道を通ると、巨大な風車が見えるからね。

Photo_92 大学敷地の裏側から見てみると、巨大なジェットエンジンのようなものもあるではないか。
 これも一種の風車らしい。

 ところがさらに、ここでやっている研究は風力発電だけではないらしい。
 風力発電と、太陽光発電と、バイオマス発電を組み合わせて
 「自然エネルギートリプルハイブリッド発電システム」
 と称している。

 さて。
 直接は関係ないが、YouTube(ユーチューブ)はすごいねえ。

 森高千里の歌う「渡良瀬橋」
 クリックすると動画と音楽演奏が楽しめるはずです。
 ↓
 http://www.youtube.com/watch?v=nWFBvmyJuoM

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月27日 (金)

安田大サーカス

Takasakieki_2 所用で先日、高崎まで出かけた。
 桐生からJR両毛線に乗って。

 電車もおもしろい。

 同じ群馬県内でも高崎駅はビッグである。

 駅西口のショッピングビル1階の出入り口に人だかりがしていた。

 近寄って見てみれば。
 おお。

Yasuda_1

 お笑いグループの「安田大サーカス」ではないか。

 FM群馬のスペシャル街頭ナマ番組だとのこと。
 ただそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ほしのあき 不思議だ

Photo_39  ほしのあきが、政府系の行政PRポスターに登場していたのには、ちょっと驚いた。
 そして、さすがだ、とも思った。

 「建設雇用改善推進月間」だよ。
 厚生労働省、国土交通省だよ。

 従来こういうのは、旧郵政省にしても農協にしても警察庁にしても、NHK朝の連続テレビ小説でデビューしたような、無難なタレントを使うもんだった。

 活躍の場を広げているなあ、この人は。大げさに言えば、エポックメーキングな、時代の分節点にいる人なのではないか。

 グラビア被写体としては非常にいいと思うが、
 ただエロいとか、バカっぽいというのとは違う。

 そしておそらく史上最年長のグラビアアイドルであろう、と言われている。
 誕生日は3月14日。
 生まれ年は1977年説と78年説があるけれど、どちらにしろほぼ30歳だ。
 それでいて、ウェブ検索ランキングなどでは十代のアイドルを抑えて1位になったり。

 彼女の活躍が、最近のグラビアアイドルの高齢化にも大いに影響しているんだそうだ。

 不思議だぞ。ほしのあき。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年10月29日 (日)

TEAM BANANA ナマで見たぞ

Yuenchi  先週見たいと思ったが、バイト仕事があって見られなかった。
 高校生漫才コンビの「TEAM BANANA」

 きょうは見に行きましたよ、桐生が岡遊園地へ。自転車こいで。

 TEAM BANANAといえば今年8月、吉本興業主催の全国高校お笑い選手権「M-1甲子園」で優勝。

 桐生市立商業高校3年生の話題の女子コンビである。

 さすがの全国優勝。
 新聞の取材あり、テレビの収録あり。いろんな方面から出演依頼の声がかかり、まだ現役高校生の身なのに、えらく忙しいらしい。

 地元桐生のインターネットラジオでも「ばなな放送局」という番組を始めた。

Banana1  で、桐生が岡遊園地の秋の行楽期イベント「ライブシリーズ2006」にも出演することになった。全部で3日間、午前と午後1回ずつ、計6回のステージだ。

 いやあ、ふつうの高校生の女の子ですよ。

 遊園地という場所柄、親子連れ、家族連れがゴチャゴチャ、ガヤガヤ。特にきょうは天気もよくて暖かかったから、人出はなかなかのもの。

 TEAM BANANAを目当てに見物に来た人も、そうでもない人も取り混ぜて相手にしなければならぬ。屋外ステージだしね。
 彼女たちにしてみれば、まず「場をあたためる」のがたいへんであった。

 おもしろかったですよ。

 卒業後は、プロのお笑いの道へ。すでにあのM-1グランプリの予選に挑戦しているという。

Ship  それにしても。
 桐生市立の桐生が岡遊園地。そして隣接の桐生が岡動物園。

 北関東の山際の、人口10万ちょっとのこのまちが単独で遊園地を持ち、ライオンもゾウもキリンもいる動物園を持っているとは。

 あらためて、つくづくたいへんなことだと思うよ。

 遊園地や動物園に遊びに来ている家族連れは、いかにも幸せそうに見える。
 TDLのアトラクションに比べれば他愛のない遊具かもしれないが、それでも子どもたちは大喜びで手を振り、お父さんは一生懸命に写真を撮っている。

 この日の午後、太田イオンSCへ出かけた。たいへんな人出だ。
 ショッピングセンターの家族連れは、笑顔とは限らない。不機嫌な顔も疲れた顔もずいぶん多い。

 桐生の遊園地や動物園のほうが「笑顔率」が高いな、と変なことに感心した。

| | コメント (2) | トラックバック (4)